Canon EOS 80D用互換バッテリーを購入

概要

Amazonで自分のメインカメラであるEOS80Dに良さそうな互換バッテリーセットを見つけたのでレビュー
以前書いたとおりメインカメラとして80Dを使用している。
購入したときにバッテリーグリップとRAVPOWERの互換バッテリーを買っているので(リンクの購入時レビューに書いているよ)特に不便はなかったのだけど、予備としてもう一セット購入することにした。

購入商品

購入したものはこちら

LP-E6互換バッテリー2個とUSBチャージャーのセットだ。
最初に買ったRAVPOWERのものとほぼ同一の内容で、加えてこちらには便利なケースが付いている。

レビュー

早速レビューしていこう。

バッテリー

まずはバッテリー本体から
純正やRAVPOWERと違ってこちらは派手なオレンジ色、装着したら見えないしわかりやすくていいか
容量は2100mAhとなっているが正直中華バッテリーの容量は怪しいからあんまり信用はしていない。
純正が1800mAhだから同程度くらい持てばいいかと思っている。

バッテリーグリップに2本挿しで試した所撮影時間にほぼ問題はなく純正レベルで持ってくれた。
認識も特に異常はなくカメラ上で残量表示も正しく表示される。

RAVPOWERは出始めの頃は安物バッテリーの一つとしか思ってなかったけど、最近はAnkerと比較できる程度に信頼度上がってきているから結構好んで使ってたんだけど、Vemicoのこの製品も悪くはなさそう。

純正1個、RAVPOWER2個、Vemico2個の計5個バッテリーがあるからそうそう電池切れ起こすことはなくなった。
ある程度比較できる環境だけど全部大きな違いはなかった。

充電器

次に充電器の評価
USBを使用でき2つ同時に充電できるスグレモノ
こちらはRAVPOWER以上におすすめできる物となっている。
まず何より電源供給がUSB Type-Cケーブルでできる。
最近ガジェットをType-Cで統一してきた自分としてはここが一番ポイントが高かった。
同じようなRAVPOWERのUSB充電器も持っており、そちらも2個同時に充電できるのは変わりないのだがmicroUSBだったのでケーブルが一つ増えるのがちょっと煩わしかった。
その部分を改善できただけでも買ったかいがあった。

次に充電表示がLEDのランプではなく液晶で両方のバッテリーの状態がわかりやすく確認できる。
地味な機能だけど状態が詳細にわかるのは嬉しい。

欠点としてはType-Cには対応しているけどPDは使えないみたいで5V2Aの10Wでしか給電されないみたい。
カメラ用バッテリーの充電時間としては特に長いという感じではないが、昨今のスマホ等の急速充電と比べたら少し時間のかかる印象
2Aだからそんなに低いってほどではないんだけどね
気になったのはこの部分くらいかな?

結論

今回の買い物は思った以上におすすめできる一品だった。
全部合わせて3000円ちょっとと純正バッテリーよりはるかに安く、ケース付き持ち運びにも便利、どこでも充電できる。
Canonのレフ機持ってる人は予備バッテリーとしておひとついかが?

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com