モジュール式中華スマホDOOGEE S95 Proの紹介

モジュール式中華スマホ DOOGEE S95 PROの紹介 | りぐん怪獣じゃないもん!

概要

GearBest見てたら久々に面白そうなネタスマホを発見
最近はHuawei P10だったりPixel 3XLだったり比較的まともなスマホを使ってるけど、Elephone P9000使ってた頃を思い出すようなおもしろスマホを見つけてしまった。
DOOGEE S95 Proというもの
DOOGEE S95 Pro

ここしばらく中華メーカーは調べていなかったのであまりわからないが、Wikipediaに日本語記事があるな
DOOGEE
2013年設立だと、少しは歴史があるのかー

このスマホの面白そうなところはモジュール構造というところ。
これについては後述しよう。
価格はモジュール付きで5

スペック

まずは基本スペックから

  • CPU:MediaTek Helio P90
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB
  • 指紋認証
  • NFC
  • 48Mピクセル3眼カメラ
  • IP69K防水
  • 5150mAhバッテリー
  • ワイヤレス充電

と中華スマホらしくカタログスペックはとても良い。
CPUのHelio P10は以前使ってたElephone P9000に入っていたP10の後継だからなんとなく愛着があって良い。
当時使ってて処理的な問題はなかったから、今回も最新世代らしく特に不安はないかな。
性能としてはSnapdragon710あたりと同等性能があるようなので、ミドルハイとしてそれなりのゲームだったら動いてくれるはずだ。
ROM,RAMはハイエンド機種らしい感じで他者に引けを取らないかな。(ROMはもう少しあってもいい気はするが)
指紋認証、Qi充電あたりはもはや当たり前になってきたな。
Elephoneあたりのときは指紋認証が少しもたついていたがこれはどうかな。こればかりは使ってみないとわからないな。
NFCはサイトではGooglePay対応とはあったが、日本での利用はおサイフケータイに対応していないといけないので残念ながら使えないだろう。
カメラは48Mピクセル、Sonyセンサーを使用した3眼でAI処理があるらしいが、個人的にはこの手のスマホのカメラはスペックから想像するよりかは微妙なんだよなぁ。
Elephone P9000や家族に渡したOPPO端末がそうだったんだけど、最近はあたりなものもあるから難しいところ。
実際に使ってるレビュー見ながら確認したほうが良いかも。
防水性能はあまり聞き慣れないIP69Kにまで対応している。これは通常の防水防塵だけでなく、高温・高圧にまで耐えられるらしい、すごい!

こんな感じでスペックもりもりだ

モジュール

さて、スペックだけでもなかなか魅力的だが、本機種には先述の通りモジュールを追加することができる。
写真のようにスマホ背面に端子がついておりケースのようなモジュールを取り付けて昨日を追加することができる。
同様のコンセプトはモトローラが前にMoto zシリーズでModsというモジュールをつけれるようにしたものを出している。
モトローラの場合、追加バッテリーやスピーカー、光学ズームカメラ等様々な追加機器が発売されている。
個人的にはハッセルブラッドのカメラモジュールがずっと気になって入るんだよなぁ。

話はS95 Proの方に戻して、こっちの端末では標準で2つのモジュールが付属している。
一つはバッテリーで3500mAhを増設できる。
これはワイヤレス充電も使えるそうで、大きさ以外に使い勝手が変わることはなさそうだ。
もう一つはスピーカー、外付けで音質・音量をグレードアップすることができる。
同様のものはモトローラでもあるが、あちらは別売りなのに対しS95 Proでは最初から付属してなおかつ5万程度で変えるのが良い。
流石にその他にモジュールが追加されるのかが不安なところだが、ガジェットとして面白いなとw

ちょっとネタに走りすぎていて迷うが、こういう端末を一台持っててもいいかなとか思ったりしてるところ
良ければ人柱にどうでしょうか?
DOOGEE S95 Pro

コメントを残す

メールアドレスは公開されません