今更FUJIFILM X20レビュー
フィルムシミュレーションの楽しいスナップシューター

今更FUJIFILM X20レビューフィルムシミュレーションの楽しいスナップシューター

はじめに

この記事は2016年頃に記事書き始めたけど下書きのまま投稿を忘れていて3年以上たってしまった。
更に買ったのはその2年前なので5年前のものをレビューしてるけどせっかく下書きに残しておいたものだし公開します。
そのため執筆当時の感覚ですのでご了承ください。

概要

VKY-L29 (3.95mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO320)
X20外観

もう型落ちして2年になるけど富士フイルムの高級コンパクトデジカメX20のレビューをします。
二年前のちょうどお盆頃、X30が発表される直前で値段がかなり落ちていたので購入しました。
確か5万円丁度で欲しかったシルバーの色は店頭にはなかったが、他店舗から取り寄せということで一週間程度で届いた記憶があります。
正直コンデジ買うつもりはありませんでしたが、特価札がはられていてさらに値引き交渉に成功したので衝動買いしてしまいました。
一応その時比較した機種はよく比べられるSONYのRX100シリーズ、特に値段が近かった初代モデルです。
総合的なパフォーマンスとしてはRX100のほうが高く、コンパクトで高感度強いというコンデジに最適のものでしたが、デザイン的にX20気に入ったのとRX100の方は交渉しても値段が下がらなかったのでX20を書くことになりました。

それから二年、今までCanonの40D(一眼レフ)がメイン機だったのに、出撃数が逆転しました。
どうしても一眼レフでないといけない、APS-Cの画質が欲しい時以外はX20で満足です。
以下自分が使ってきた感じたことなどを下手な作例とともに書いていきます。

特徴

まずはスペック・特徴から

外観

VKY-L29 (3.95mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO250)
X20外観2

外観はX10からほとんど変わりなくクラシカルなレンジファインダー風のデザインです。
X10はブラックのみでしたがX20は新たにシルバーが加わり私はこの色を選択しました。
レンジファインダー風なデザインと相まってかなり質感は高いです。
VKY-L29 (3.95mm, f/1.8, 1/60 sec, ISO160)
X20上部

レリーズスイッチの赤いカバーはAmazonで次の商品を買ってつけました。

富士フイルムのカメラはクラシカルなネジ穴が付いているのでカスタマイズができます。

液晶とは別にファインダー(OVF)を搭載しておりズームにも連動します。ただし一眼レフと違いパララックス(視差)のあるビューファインダーですので正確なフレーミングはできません。
このファインダーは昨今のビューファインダーとしては珍しくAFポイントや露出情報の表示ができますので、スナップを撮るぶんには十分で雰囲気が出ます。
ズームもコンデジでは珍しく鏡胴回転によるマニュアル操作です。
RX100よりは一回り大きく、レンズが完全にはボディ側に沈胴しないので出っ張りがあります。
そのせいでポケットに入れて持ち運ぶなど考えたらちょっとつらいところはあります。

2/3インチローパスレスセンサー

撮像素子のサイズは2/3インチです。
この大きさはスマートホンや普通のコンデジよりは大きいけどAPS-Cやm4/3はもとより、RX100に搭載されている1インチセンサーよりも小さいです。
解像感や高感度はどうしても劣ってしまいます。
ただX20ではローパスフィルターレスで通常の同クラスセンサーより高い解像度を持っています。
ローパスレスセンサーでは通常高周波数部分でモアレが出やすいがX-Trans CMOS IIと銘打たれたこのセンサーではRGBのサブピクセル配置を変えることで問題を回避しています。

レンズ

VKY-L29 (3.95mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO200)
X20レンズ

35mm換算で28~112mmの4倍、F2.0~F2.8の明るいズームレンズを持っています。
ズームは外観で説明したとおり手動操作で直感的に操作することができます。
レンズの解像度もよく、X-Trans COMS IIローパスレスセンサーと合わせてコンデジとしてはかなり高い解像感です。

使用感

ここ2年使っての使用感など
作例の焦点距離は4倍するとフルサイズ換算の焦点距離になります。

画質

まず一番大事なのが画質ですよね。
これは流石に5万円クラスのハイエンドコンデジ、スナップを撮るのだけでとても納得できる画質の写真が出来上がります。
晴天のもとまちなかスナップを撮っているととても気持ちのいい写真が出てきます。
ダイナミックレンジ拡張機能のおかげもあって、暗部の粘りもよくコントラストの聞いた写真が撮れます。

X20 (28.4mm, f/2.8, 1/640 sec, ISO100)
X20スナップ

X20 (18.7mm, f/3.6, 1/1300 sec, ISO100)
X20スナップ2

一方で夜景など暗いところの写真はRX100などに比べて少しきついかなと。
個人的には気持ちよく取るにはISO400まで、ちょっと我慢するにしてもISO800が限界でISO1600になると辛いかなと感じています。
RX100のサンプルを見ると高感度の綺麗さに驚きますが、あれに比べると頑張ってるけど越えられない壁を感じます。
下の写真はISO800での一枚ですが、ブログやSNSでギリギリ、拡大したらあらが見えちゃいますね。

X20 (7.1mm, f/2, 1/30 sec, ISO800)
X20夜景(ISO800)

フィルムシミュレーション

富士フイルムのカメラと言えばフィルムシミュレーション!
Canonで言うピクチャースタイル等と同様に、写真の発色等の設定ですが、フジでは実在のフィルムと同様の名前でフィルム時代からのイメージに合った出力にしてくれます。
定番どころではプロビア、ベルビア、アスティアがあって通常で言うところの標準、鮮やか(風景)、ソフト(ポートレート)に相当します。
ポジフィルムを知っている人にはとてもわかり易い名前ですよね。
特に風景のベルビアなどが有名だと思いますが、X20でベルビアを選択するとこのような景色が撮れます。

X20 (8.9mm, f/8, 1/480 sec, ISO100)
X20ベルビア1

X20 (7.1mm, f/2, 1/105 sec, ISO200)
X20ベルビア2

X20 (7.1mm, f/8, 2.3 sec, ISO100)
X20ベルビア3

プロビアだと少し落ち着いた感じで撮れます。
華やかさこそ落ち着いていますが、コントラストはしっかりと、色も濃くくっきりと写ります。

X20 (16.7mm, f/4.5, 1/800 sec, ISO100)
X20プロビア1

X20 (7.9mm, f/2.8, 1/300 sec, ISO100)
X20プロビア2

またこれ以外にもX20世代から新たに導入されたProNeg.Hi/ProNeg.Stdといったモードもあります。
これは実在するフィル名を関していませんがプロ用ネガフィルムを再現したモードです。
名前の通りHiがハイコントラストでStdがスタンダードですが少し彩度が低いです。
上記3つの基本モードがポジフィルムだったので比較的ソフトなアスティアでもくっきりした仕上がりでしたが、こちらはもう少し寒色というかしっとりしています。
個人的にまちなかスナップの場合ProNeg.Hiを使うことが多いです。(更に何も考えないときは無難なプロビアも使いますが)

X20 (21mm, f/3.2, 1/300 sec, ISO200)
X20 ProNeg.Hi

そしてその他モノクロとしてモノクロ、モノクロ(Yフィルター)、モノクロ(Gフィルター)、モノクロ(Rフィルター)、セピアと4つもある。
モノクロ、セピアは一般的な機能と同様だが、各フィルターとついているものはイエロー、グリーン、レッドのフィルターを被せた状態と同様の状態を再現できる。
一般的にYeフィルターで空を撮ると通常より濃く映るためコントラストのはっきりした写真になります。
またGフィルターはポートレートで肌と唇のコントラストが出ます。
Gフィルターで撮った自分のポートレートがこうなります。

X20 (28.4mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO250)
X20セルフポートレート(Gフィルター)

Rフィルターでスナップして遊んでた時の風景はこちらです。比較写真はありませんが思ったより普通に撮れてますね。
おそらく空がちゃんと青かったらコントラストがとても強く写ったでしょう。
X20 (28.4mm, f/8, 1/420 sec, ISO400)
X20モノクロR

操作感

さて画質と同じくらい大切なのが操作感
いくら画質が良くても使いにくかったら持ち出し頻度が下がりますよね。
まずシャッター周りですけど一眼レフのようにくびれて前に出たりはしていませんが、おしやすい位置にあり手間取ることはないでしょう。
クラシカルなデザインのためレリーズ用のネジが切られているので自分は赤いレリーズボタンをかぶせています。
手動ズームは適度な重さで一眼レフと同じような操作でズーミングができます。
電池持ちはあまりよくなく、充電もチャージャーが別に必要なため予備電池は必須ですね。
電池持ちを良くするためにOVFオンリーで多用していますが、一眼レフと同じ感覚とは行かず、特に近景でのフレーミングのズレ、ピント抜けはどうしても発生します。
そこら編をスナップとして楽しめるかどうかがこのカメラを持つ上での重点だと思います。
操作で気になったのが、MFモードでピントを合わせようとしたとき画面横のサブダイヤルをくるくる回さないといけないんですけど、これが使いにくい。
X30ではレンズ周りにダイヤルが付いたのでだいぶ使いやすくなったと聞くけど、ここは古い機種の欠点かな。

手ぶれ補正もついており、上記夜景などスローシャッターでも気にせずに切ることができる。
感覚的には広角側では1/10程度の速度でもいける。

その他感想

総評としては書いてる通りとても気に入っている。
そうでないとコンデジを2年(追記:更に公開時点で5年)一眼レフより高い頻度で持ち出さないし。
ただスナップや日常での使用に限定してだけど。
いいことはいっぱい書いたけど、やっぱりオールマイティにこなすには一眼レフには叶わず、高感度然り、そのた操作性で劣っている部分もあり失敗できないときは一眼レフを持っていくな。
センサーサイズが小さくてスナップを撮っていても、比較的絞り開いてとっても(スマホカメラよりマシだが)背景までくっきり写ってしまって、もう少しボケてほしいのにと思うときもある。
またレンズシャッターの制約で絞りを開いたときは高速シャッターが切れない仕様のため、晴天下で絞り開放で背景ボケたポートレート撮ることもできない。
でもこういった制約を考えなくてもいいスナップでこそ真価の生きるカメラだと思う。
適度なズーム、手ぶれ補正、画質がありスナップシューターとして秀でている。
高性能な一眼レフやミラーレスを欲しいと思うことは多々あるけど、それとは別枠でこのカメラは長く使っていきたい。

コメントを残す