«

»

7月 02

Gitインストール

Gitインストールソースをサーバで管理しようと思ってGitを入れてみる。
GitHub使ったことないけどどうにかなるでしょう。
ってか使ってみないと覚えないし……
直接インストールするか迷ったけど管理面倒だしyumでインストールする。

CentOS 5.5にyumでgitをインストールする

上記ブログを参考に…というかそのままコピペして、リポジトリを追加してインストール

$su
password:
#vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
[rpmforge]
name = Red Hat Enterprise $releasever - RPMforge.net - dag
mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/mirrors-rpmforge
enabled = 0
gpgcheck = 0
#yum install git --enablerepo=rpmforge

ちなみにrpmforge.repoのenabledを1にしておけばyumするときにリポジトリの追加を入れなくても自動で追加してくれます。
自分は普段はリポジトリの追加したくないのでしていませんが

さて、それではゆっくりGitの勉強しつついじってみますか


«

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">