8月 31

ヘッドホンアンプを作ろう!

最近電子回路を全然いじっていない!
ブレッドボードすら全然出していない
以前Arduinoでアナログモデリングシンセを作りかけてて「つくると!」に出展したけど中途半端なままなんだよねー
勘を取り戻すためにもまずはオペアンプ一発の単純なヘッドホンアンプでも作ろうかな

さて、自作のヘッドホンアンプといえばまっさきに思い浮かぶのがChumoy Amp
ほぼ教科書通りのオペアンプの非反転増幅回路を使用した単純な構成
追加するものとしてはボリュームと直流除去のキャパシタくらい
検索すればいくつか記事が出てくるよ

回路構成としてはオペアンプと受動素子、ジャック、電源周りかな
福岡に住んでいるので普段はカホパーツかネットで秋月電子を使うことが多いけど、結構品目が偏ってしまうんだよね
オーディオ用オペアンプとかだとOPA2134とかが安くてそこそこ性能良かったり便利だからいつも使ってて、この程度だとどこでも取り扱いがある
でもChumoy(やその他もう少し複雑なアンプ)の構成例を見ていると珍し目なオペアンプ使ってたりして、秋月でもおいていなかったりする
そういうときはRSコンポーネンツとか企業相手もしているサイトを見ると取り扱っていたりする
RSコンポーネンツ
ざっと見た感じオーディオ用だけでも50品目くらいある
ただ、業務利用でも使うところなのでロット単位とかの商品も多いけど
個人でもちゃんと注文できるし日本語で注文できるから、秋月においていないもの扱うときはだいたいここ使う事が多い

さて、手元にOPA2134は5個ほどあるけどせっかく新規に作るんだったらもう少し変わったオペアンプを入手して音質比較してみよう
参考サイトはnabeの雑記帳さんの記事とかがわかりやすいので、これを見ながら設計していこう!
設計はこの記事に順次追加していこう

乞うご期待!

8月 21

Huawei P10 Plusレビュー カメラ・写真編

はじめに

さて、ずいぶんと間が空いてしまいましたが開封レビューの続き、カメラレビュー編です。
P20で絶賛されているカメラ画質、その一つ前のモデルの実力を載せて行きましょう。

スペック

さて、まずは数字上のスペックを見ていきましょう。
ご存知の通り背面カメラは2つのセンサーを搭載しています。
片方はカラーセンサー、もう片方がモノクロセンサーです。

カラー:1/2.3 1200万画素
モノクロ:1/2.3 2000万画素
共通:F1.8 LEICA SUMILUX Lens,像面位相差+レーザーAF+コントラストAF

スペックを見るととてもすごいですね。レンズがライカのズミルックスという響きだけで惹かれます。
ただよく勘違いするのがF1.8だからといってボケがきれいだったりするわけではありません。
もちろん他社の暗いレンズよりはマシですが、F値はセンサーサイズに依存するので実際には高感度も強くないし数字から想像するような絶大な効果があるわけではありません。
それでも惹かれるものはありますが

操作感

このスマホはセンサーが2つついた特殊なカメラなため標準のカメラアプリじゃないと性能を発揮できません。
カメラに力を入れているだけあって操作感は良いです。
デフォルトではオートモードになっていますが、画面下部を上にスワイプすることでプロモードになり、露出補正やSS、絞りの調整を行うことができます。
左端を右スワイプすることで各種モード(モノクロなど)を呼び出すことができます。

さてそれでは作例を載せていきます。

«Huawei P10 Plusレビュー カメラ・写真編»の続きを読む

6月 28

IPv6に対応したよ

IPv4が枯渇してからずいぶんと経ちましたね。
今どきのVPSはデフォルトでIPv4とIPv6の両方が割り当てられている。
でも今まできちんと設定していなかったのでブログアクセスはIPv4だけになっていた。
もったいないので今更だけどIPv6対応したよ。

といってもやったのは、DNSのAAAAレコードに当ブログサーバのIPv6アドレスを設定しただけ
特にApacheでIPアドレス指定のバーチャルホストなどはやっていないのでサーバ側で変更するものはなし
どっちの経路でアクセスしてるかわかりやすいようにサイドバーの一番下にウィジェットを追加

悲しいことに私の家はまだIPv6設定していなくてIPv4表示だけどw
来月自宅回線を光に変更するのでその際にIPv6設定をやってしまおう。
家からは確認できないので別のIPv6の使えるサーバから表示できていることを確認
一安心
これでIPv6設定してる人がアクセスした場合、混雑するv4を避けて来れるはず
そんな大きなデータおいてないからほとんど変わらないと思うけど

[amazonjs asin=”4274069192″ locale=”JP” title=”マスタリングTCP/IP IPv6編 第2版”]

2月 11

ブログサーバをConoHaに移行

ブログサーバをDTIのServersman@VPSからGMOのConoHaに移行しました、
このブログも早いもので開設してから5年がたちました
開設当初からServersmanのエントリープランで頑張ってたけどいつも動作が遅く、いつか良くなるだろうと思っていたのですが、いつまでたっても改善されない状況にいい加減見切りを付けました。
最初は安定安心のさくらのVPS
にしようかと思っていましたが、知人よりConoHaをおすすめされたので試しに使ってみることにした。
(以前OSCでConoHaの割引チケットもらったのに、使う前に期限切れてしまった。またどっかでもらえないかなー)
プランは今までのServersmanでのスペックと似たところのメモリ1GBの900円のプラン
スペックは下記の通り

  • CPU 2コア
  • メモリ 1GB
  • SSD 50GB

大きな違いとしてはストレージがSSDになったからI/Oのボトルネックが良くなったところ。
Serversmanの遅さの原因を調べていた時、ファイルIOの遅さが足を引っ張ってるとあったので大きく期待していた。(ちなみにさくらのVPSでもSSDプランあるよ)
«ブログサーバをConoHaに移行»の続きを読む

2月 06

Huawei P10 Plus開封&レビュー

はじめに

この記事Huawei P10 Plus買ってすぐに書き始めて下書きに入れていたのだけど半年以上載せ忘れていた。
発売直後に買って、今ではもう今さら感が大きいけど一応アップしておく。

はじまり

去年買ったElephone P9000だが、不便も少しはあったが概ね満足に使っていたのだが先月不注意から床の落とした時、ガラスフィルムの保護もも虚しく画面が逝ってしまった。
AliExpressで購入したものだしたかが2万未満のものだから修理もできずに、新しい端末を見繕おうかと思ってAliを物色しつつ昔使ってたNexus5にSIMカード移して緊急避難してた。(余談だが基本データクラウドにあるおかげで以降に何も考えなくていいよね)
Elephoneの新作はS7でGalaxyっぽいのかーとか調べながら色々考えてて、そういえばHuaweiのLeicaレンズ積んだMate9とか一時期欲しかったなーと思って価格帯違うけど一応調べてみた。
するともうすぐ新型のP10が出るって知った。
5インチP10と5.5インチのP10 Plusがあることを見て、Mateは大きすぎだと思ってたし今まで使ってたP9000も5.5インチで同じだからPlusくらいでちょうどいいかなーと。
いまお金ないしお金貯めながら値段が落ち着くのまとうかなと思ってゆっくり考えることにした。
[amazonjs asin=”B072LQF9RZ” locale=”JP” title=”Huawei 5.5型 P10 Plus SIMフリースマートフォン グリーナリー 【日本正規代理店品】 P10 Plus/VKY-L29/Greenery”]
«Huawei P10 Plus開封&レビュー»の続きを読む

2月 06

万年筆のオーバーホールとオリジナルインク調合

今までブログ上ではあまり書いていなかったが、ガジェット好きの性として筆記用具にも結構手を出したりしている。
ペンは万年筆、ノートはトラベラーズノートを愛用していたりする。

今メインで使っているのはパイロットのCUSTOM74(カスタム74)とセーラーのProfit21(プロフィット21)というモデルの2つ
前者は大学の入学祝いで、後者は妻からまだ結婚前の時に誕生日プレゼントとしてもらったものだ。
カスタム74はペン先は14KでMF(中細)、プロフィット21は21KでF(細)とメーカーも構成も違っているので色々と異なってそれぞれ良い。

[amazonjs asin=”B001AX5SQM” locale=”JP” title=”パイロット 万年筆 カスタム74 FKK1000RB-FM 中細字 ブラック”]
[amazonjs asin=”B001G5Z67A” locale=”JP” title=”セーラー万年筆 万年筆 プロフィット21 ブラック 細字 11-2021-220″]

後者のセーラーのプロフィット21はもらってから5年ほど経つのだが、最初の頃から引っかかる感覚があった。
そして特に横線を書くときにかすれがちで、カスタム74に比べてスムーズさにかけていた。
はじめはペン先が細いのとまだ新しいので、そういうものかと思って、なれるまで筆記頑張るかと思って使い続けていたのだが、いくらたっても改善されずそのうち使用頻度が下がっていった。
メーカーのペンクリニックが着たときにでも見てもらおうかなと思ってたけど、時間も合わずそのまま数年が経ったのだが、ふと思いたって、せっかくもらったものを使わないのはもったいないと思い、メーカーに調整に出すことにした。
«万年筆のオーバーホールとオリジナルインク調合»の続きを読む

2月 05

2018年初投稿

お久しぶりです。
去年全然投稿できなかったけど、ちょっと色々とあって……
近々良い報告ができればと

さて、久しぶりの投稿だけど、去年一年でも色々とガジェットを買ってます。
下に列挙するけど近々詳細レビュー記事かけたら良いな(もう今更感もあるけど)

  • Huawei P10 Plus
  • Amazon FireStick Newバージョン
  • 防犯・防刃リュックBobby

まだ会ったようなきがするので、都度追加します。

その他出来事として

  • 登山・キャンプを始めた
  • 釣り始めた
  • ハウステンボス行った
  • 上海旅行(上海ディズニーランド)行った
  • スペースワールドの最終日行った

などのことも書きたいなと思ってます。

遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。

1月 24

Withings Steel HR購入&開封レビュー

新年最初の投稿&ガジェットレビューです。
今日は待ちに待ったWithingsの新しいアクティビティトラッカー、Steel HRが到着した。
届いてすぐにレビューしたかったけど、仕事があったのでこの時間になりました。
では早速始めます。

Withings Steel HRとは?

フランスの健康機器メーカー、Withingsが発売した新型アクティビティトラッカー(活動量計)です。
アクティビティトラッカーはその名の通り日々の行動を記録して管理してくれるデバイスです。
有名所でFitbitやXiaomiのMi bandなどが有ります。
«Withings Steel HR購入&開封レビュー»の続きを読む

8月 10

激安中華な全天周カメラELECAM 360開封&レビュー

概要

さて今日もAliExpressのガジェットシリーズです。
今回買ったのはELECAM360という全天周カメラです。
全天周カメラと言うのはこの記事訪問する人は知ってると思いますが360度全方向を写し取ることのできるカメラです。
有名ドコロで言えばRICOH THETAシリーズなどです。
他にSamsungのGear 360やLG 360などもあります。
どれも前後にカメラがついており180°以上の範囲を写しとりそれを合成して360°見渡せることができます。
挙げた中で一番安価なTHETA m15でも26,000円以上します。
前々からほしいとは思っていましたがぽんと出すにはきついなーと思い先延ばしにしていました。
AliExpressで安くないかなーと調べていたところ似たようなコンセプトのカメラがElephoneから出ていたのでついポチってしまいました。
価格はなんと$120でした。今のレートだと13,000円で買えるのでTHETA m15の半額程度です。
Elephoneは前回レビューした激安スマホのメーカーですね。
いまメインで使っている端末で品質も悪くなさそうので安心して購入できました。
«激安中華な全天周カメラELECAM 360開封&レビュー»の続きを読む

6月 17

AtomエディタをインストールしようとしたらMcAfeeのせいでコケた

GitHub製のテキストエディタとして有名なAtom
新しくPCを買ったのでインストールしようとしたらエラーはいてコケた。
症状的には次のサイトと同じような感じ
atomがインストール出来ない

このページでは解決できていなかったのでモヤモヤしていたら次のページがヒット
AtomがWindowsにインストールできない原因はカスペルスキーだった

カスペは入っていないがプリインのMcAfeeが入ってる!
試しにスキャンや保護をお赴任して再度インストーラー立ち上げたら何事もなかったかのように導入できた。
プリインストールのセキュリティソフトって数ヶ月で切れるし、余計なことするからやっぱりすぐ消すべきだな

[amazonjs asin=”4777519120″ locale=”JP” title=”はじめてのAtomエディタ (I・O BOOKS)”]

古い記事へ «